次長課長・河本さん、番組中骨折

 TBSは31日、29日に生放送した「オールスター感謝祭」で、タレントでお笑いコンビ次長課長の河本準一さん(32才)が、倒れ込んだ際に胸を強く打ち、右肋骨(ろっこつ)骨折していたと、と発表した。全治1ヶ月だという。
 河本さんは番組終了後に病院で診察を受け、胸部打撲という診断を受けたが、痛みが引かないため、31日に別の病院で診察を受けたところ、骨折していたことがわかった。
 TBSでは昨年、バラエティー番組「新SASUKE」などで事故が続き、編成担当者が処分を受けている。
2008年4月1日 朝日新聞より一部を紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です