勉強会に参加しました。

今日は1月9日、第2土曜日は誠友会の勉強会の日です。今年初めての勉強会は「石川整形外科」の石川雅人先生による、骨粗鬆症についての講演でした。

骨粗鬆症という病名はいまや誰でも知っている名前ですが、骨がどのような状態になった時が骨粗鬆症になるのかなど、懇切丁寧に講演して下さいました。講演の中でとてもわかりやすい図がありました。

上の図はビタミンDの働きで腸管からCa(カルシウム)が骨に蓄えられるという事と、副甲状腺ホルモンは骨からCaを取り出す働きがあり、カルチトニンというホルモンはCaを骨に押し込む働きがあるという図です。女性ホルモンは副甲状腺ホルモンの働きを抑制する働きがあるが閉経後女性ホルモンの分泌が減少してしまうと、副甲状腺ホルモンの働きが亢進してCaが骨からどんどん出て行ってしまい特に女性は骨粗鬆症になり易いというものです。(とても分かり易いです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です