箱根駅伝を見てから日帰り温泉に行きました。

 箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)を見ました。朝8時東京大手町をスタートして箱根の芦の湖畔までの108キロを5区間でつなぐ往路は順位がどんどん入れ替わる超戦国駅伝でした。特に2区は各校のエースが走ったのでとても見ごたえがありました。山梨学院大のモグス選手の区間新記録の走りや日大のダニエル選手の15人抜きの走りなどは印象的でした。そしてクライマックスの5区山登りは毎年ドラマがありますが、ことしのヒーローは早大の駒野選手でした。6位でもらった襷を一挙に往路優勝に導いた走りは感動ものでした。それとは対照的に前回チャンピョンの順大の小野選手はゴール寸前で無念のリタイヤ。ふらふらになっても襷をつなごうとする姿に思わず涙が出てきました。脱水症状と低血糖が原因で体が意思どうりに動かなくなっているのです。マラソンだって5キロごとに給水所があるわけですから駅伝とくに箱根は距離が長いので水分と糖分の補給をもっと考えてあげないと選手が最高のパフォーマンスを発揮できず可哀そうです。
私の母校の日体大は昨年総合4位だったにもかかわらず2区、5区の失速で14位・・・後輩を責めたりはしませんが次回からの課題は5区山登りです。
あっという間の6時間が過ぎてしまい気がつくと午後2時でした。このまま1日が終わってしまっては大変と思い家内を誘って「ぶらっと稲田」という日帰り温泉にいきました。
館内は床暖房が入っていて暖かでした。

内風呂、サウナも気持ちよかったのですが降る雪を見ながらの露天風呂も抜群でした。

1時間ほど入っていたらお腹が空いてきたので時間的に中途半端ではあったのですが、軽く食べようとかき揚げそばを食べました。かき揚げにはえび、貝柱が入っていて油が良かったのでとても美味しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です