15年ぶりのバッティングセンター

今日は土曜日で仕事が終わった後、友人に迎えに来てもらい、明日のゴルフコンペに参加する為、群馬県にある「サンコー72カントリークラブ」に行きました。
現地に着いてからすぐ近くの居酒屋へ4人で行ったのですが、20分待ちだったので、すぐ脇がスポーツ施設になっていたのでその中のバッティングセンターに行きました。
仲間の一人が高校時代、甲子園レベルの野球部に所属していたので、彼のバッティングをみるためでした。彼は迷うことなく最速の130キロのバッティングゲージに入りバッティングを披露してくれました。後ろから見ていましたがとにかくボールが速かったです。そのボールを空振りすることなくすべて打ち返しました。・・・みごとでした。
成り行き上私も打つことになり、130キロのゲージに入って打ちました。15年前は90キロで打った記憶はありますが、130キロは初体験です。構えた位置からヘッドをボールにぶつけるだけが精一杯で体重移動とかスイングするなどと考えていると間に合いません。(ちょうどテニスのファーストサーブをレシーブするときの感覚に似ていました。)肩から腕の力を抜いていないと振り遅れてしまいます。20球程出てきたボールのうち7〜8球は空振りでしたが4球ぐらい真芯でとらえることができました。ライナーでフェンスに突き刺さった時は快感でした。

居酒屋で飲んだ後(ゴルフ場の門限が11時だった為)テイクアウトのお寿司を買ってきて部屋で飲みなおしました。後から合流した仲間が珍しい物を買ってきました。「チェリオ」という炭酸飲料です。子供の頃良く飲んだのでとても懐かしかったです。140円したそうですが、ちなみに私が小学生の頃は30円だったと記憶しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です