左手小指の脱臼

昨日仕事が終わって片付けをしていると電話が鳴って「ママさんバレーの練習で指を脱臼したようですが、診てもらえますか。」というので、すぐに来て頂いて拝見したところ、左手の小指のPIP関節(近位指節間関節)の背側脱臼でした。最近ブログの取材で写真を撮る習慣がついてきたので思わず写真を撮らせていただきました。

ちょうど一週間前にこの方のチームメートが全く同じ脱臼をしたのを見ていたので、その時はビックリしたそうですが今回は自分だったのですが、それ程ビックリしなかったとのことです。PIP関節は側副靱帯、副靱帯、掌側板と言われるもので安定性を保っていますが、上の写真を見る限りでも掌側板はかなり傷んでいそうです。整復(脱臼している骨を元の位置に戻すことを整復といいます)して、きれいに治りました。

本日、いつもお願いしている病院でレントゲン検査をして頂きましたが、骨折等の不具合はありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です